不倫をしていると悟られない為に上手なウソをつこう

不倫がバレないようにするためには上手にウソがつけるようにならなければいけません。

例えば不倫相手と会う日に浮かれてテンションが高かったら何かあるのかと疑われてしまいますよね。

しかも帰宅するのが遅くて、そして帰宅時に石鹸の香りなんてつけて帰ってきた日には疑惑は決定的になってしまいます。

そのため内心嬉しく思っていても平然としておかなければいけません。

そして遅くなる理由も最近同僚が1人辞めて人員が補充されていないんだ・・・・など前もってウソで周囲を固めておくのです。

そうすると遅くなった事に疑惑がもたれる心配もなく、遅くなるのなら先に寝ておこうとなるわけです。

そうすれば石鹸をの香りをつけて帰ってきても妻はもう寝ているのでさっとシャワーを浴びて証拠は隠滅です。

他にも不倫を隠す必要がある以上、ウソをつく機会が多くなります。

肝心な事はそのついたウソを自分でキチンと覚えておく事です。

そしてそのウソと次につくウソとが辻褄が合うようにしておかねければなりません。

その場しのぎのウソをつき続けてしまうと、辻褄が合わなくなってしまい、どんどんと追い込まれ最終的に墓穴を掘る事になってしまいます。

そのため大きなウソをつくとバレる可能性が大きくなってしまうので、本当の事も混ぜながら小さなウソをついていく、不倫はウソの上手につく技術が求められるのです。