不倫相手を作るならフィーリングの合う相手を探そう

不倫とは男女のどちらか片方が既婚者であれば不倫関係が成立します。

しかし男性側が既婚者で女性側が若い独身女性というケースや女性側が人妻で男性側が若い独身男性という場合は注意が必要です。

なぜかというと彼らは独身で結婚生活を体験した事がないからです。

そのため相手への連絡を平気で平日の夜や土日にしてくるかもしれません。

デートも人に見られても特に問題がないと思っているので慎重に行動という認識が薄いのです。

もちろん不倫がバレたらこの不倫関係は終わってしまうという事は理解していますが、その時に不利益を被るのは自分ではないからです。

不倫が原因で修羅場が発展したり、離婚騒動になる可能性もあるかもしれませんが、それは自分自身に直接関係がありません。

セフレを作るような軽いノリで不倫をしていて不倫がバレたらどうしよう・・・・なんて想像をする事がないのです。

そのため相手が独身の不倫関係の方がW不倫の関係よりも周囲にバレる確率はずっと高くなるというデータがあります。

絶対に不倫はバレたくない、相手にも慎重に行動をして欲しいと望むのであれば不倫という同じ立場を共有する相手を選びようにしましょう。

不倫をする覚悟、そして不倫で失うものが相手が独身の場合は圧倒的に軽いのです。